都道府県:東京都

お礼が遅くなってしまい申し訳ございません。
8/23に供養をしていただき、また希望に沿った良い戒名を授けていただき、誠にありがとうございました。
命が尽きる直前まで大きくなろうと頑張ってくれた我が子をこの手で抱きしめてあげることができず、大きな悲しみと後悔、そして申し訳ない気持ちとどうすればこの子が最も救われ幸せになれるのかという悩みと不安を抱えていましたが、供養をしていただけたことで気持ちは少し楽になり、私と離れた後のあの世での生活への心配も軽減できました。
望んでいた以上に丁寧に供養をしていただき、ご住職をはじめ職員の方がこちらの心情を察して接して下さっていることも感じ、こちらにお願いして本当に良かったと思いました。
大変辛い経験でしたが、前向きに、でも決して忘れることなく、元気に穏やかに過ごしてくれることを祈って、我が子の分まで生きていくつもりです。
これからもどうか末永くよろしくお願い致します。