今日は秋の彼岸入りです。

お彼岸は春と秋、春分の日と秋分の日を中日として、前後3日を合わせた7日間のことをいいます。

「彼岸」という言葉はサンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜多)」の漢訳「到彼岸」を略したもので、ご先祖様や故人が暮らしている場所を彼岸(ひがん)と言い、私たちが暮らしている場所を此岸(しがん)と言います。

彼岸は煩悩や迷いがない悟りの境地の場所(極楽浄土)、此岸は煩悩や悩みに満ちた世界です。

涅槃の世界を「西方浄土」と呼ぶことがあるとおり、彼岸は西に位置し、此岸は東に位置しているといわれ、太陽が真東から昇って真西に沈む春分の日と秋分の日は、彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられました。

お彼岸には、今日ある自分を育ててくれたご先祖様に感謝するとともに、自らも彼岸に到達できるよう普段の生活の中で正しい行いを心がけてみましょう。

参拝希望の方はどうぞお参りください。

法要に参列ご希望の方は定時法要(10時・12時・14時・16時)の30分前にお越しください。

個別法要をご希望の方は予約カレンダーからご予約ください。

個別法要予約カレンダー