039

戒名に関する出来事で、様々な相談や批判・意見を受けることがあります。

これから「戒名の風」としてそのような事も書き残していきたいと思います。

本日電話で相談がありました。70~80ぐらいのおじいちゃんです。

「戒名なんて、寺の商売である。宗教も信じていないので戒名は自分でつける」

というものでした。

「そうですか。それでは自分でつけたらいいのではないでしょうか?」

とお答えすると、この戒名を僧侶が認めてくれるのか?

「それでは、矛盾していますよ。僧侶は要らないが戒名がほしい。坊主に金を払いたくない。」

お金がなくて、お布施が出来ないが戒名をつけたいという場合と

お金はあるが、お布施を払いたくないというのでは大きな違いがあります。

お布施は、あなたの心を供えるもの。そのお布施は、お寺の運営費となってたくさんの方のためになる。決して僧侶の飲み代になるわけではないのです。

「では、私が無料で戒名をお授けしましょう」とお話しすると電話を切られてしまいました。

何だかさみしい気分でした。