皆様から寄せられるご質問の中から、特によく聞かれる内容のものを紹介しております。

来院するときの服装と持参するものは?
法事ごとですので出来るだけ清楚な服装でお参り下さい。 喪服でなくとも構いません。出来ましたら少しで構いませんので、お花やお菓子・果物などお供え物をお持ちになることをおすすめしております。エコー写真やお手紙がある方はお持ちください。

▲ 質問相談一覧へ戻る

来院するときに予約の必要はございますか?
予約は必要ございません。毎日4回の合同法要(10時・12時・14時・16時)を厳修いたしております。法要時間の30分前までにお越しになり受付をお済ませ下さい。出来ましたら1時間ほど前にご来院されお写経なさってください。とてもいいご供養になります。参拝のみの場合は9時から18時の間であればいつでも構いません。

個別の法要をご希望の方のみご予約下さい。法要内容は合同法要と同じです。また費用も同じです。お一組だけの個別での法要となります。個別法要をご希望の方は個別法要予約カレンダーまたはお電話からご希望の日時をご予約ください。

個別法要予約カレンダー
電話 03-3772-8889

▲ 質問相談一覧へ戻る

エコー写真は手元にずっと持っていても大丈夫でしょうか?
エコー写真はお持ちになっていても問題はありませんので、どうぞ大切になさってください。持っているのがおつらい場合はお寺に奉納ください。まだ気持ちの整理がつかないという方は気持ちの整理がついた時にお申し出ください。受付はいつでもしております。

▲ 質問相談一覧へ戻る

分割可能とありますが本当ですか?
はい結構でございます。 何回でもいつからでも構いません。費用のことより供養が先です。安心してお申し出下さい。懇ろにご供養申し上げます。
先日、分割を希望される方から、「もし、私が払わなかったらどうされるのでしょうか?」と聞かれたことがありました。永代供養ですとお位牌を造立しますので費用も赤字になります。しかし、住職は一笑されておられました。「我々僧侶が供養を希望される方々のことを信じなくて、どうしてその方の大切な水子さんの供養が出来ようか!どうして安心して我々に託していただくことが出来ようか!経済的に大変なときだってある。だからといって供養がおろそかにならないように、我々は一生懸命法要をさせていただければよい。」
仏さんはちゃんとみていて下さいます。

>>詳しくはこちら

また、平成28年度よりカード決済が可能になりました。

▲ 質問相談一覧へ戻る

ネット詐欺が横行する中で失礼ながら心配なのですが。
大切な水子さんを当院にお任せされるのですから心配はごもっともなことです。自分で安心ですよといってみてもしかたがないことですね。ですから、当院の活動を見ていただきたいとしかいえません。仏法を広めようと寺以外での活動も積極的に行っております。読売日本テレビ文化センターやNHK学園にて講師としてつちぼとけ教室や写経教室を指導したり、新聞テレビなどでも紹介されております。出来るなれば、当院にお越しいただき、本堂にて静かに合掌祈念いただけると安心していただけるのですが・・・。

>>詳しくはお寺と住職について

▲ 質問相談一覧へ戻る

車での参拝は駐車場があるでしょうか?
1台の駐車は可能ですが、満車の場合は近くのコインパーキングをご利用ください。
>>コインパサーチで調べる

▲ 質問相談一覧へ戻る

永代供養と戒名供養と読経供養の違いは?
法要内容はどれも同じでございます。永代供養は、戒名を授けお位牌を造立し永代(永代供養料2万円+位牌代1万5千円)にてご供養申し上げます。戒名供養は、戒名を授け永代(永代供養料2万円)にてご供養申し上げます。当院過去帳に戒名を記しましてご供養してまいります。読経供養は、読経のみ(読経料1万円)厳修いたします。永代供養・戒名供養は当院が毎日ご供養する正式でかつご安心の供養法ですので、おすすめいたしております。 ご来院された方の中には、最初は読経供養でご供養された後、やはりきちんとしたいと永代供養に変更される方もとても多くおられます。初めてお越しになる方はご心配なことや費用の面、位牌など形に残したくないといった理由から読経供養を選ばれる方が多いようです。しかし、供養堂に並んだお位牌や当院の方針、僧侶の人柄を見ていただくうちに供養の大切さを実感していただき安心して永代供養を申し出て下さるのではと存じております。

▲ 質問相談一覧へ戻る

遠方でお参りにいけないのですが・・・。
当院の活動に共感して、メール・FAX・電話・郵送で全国また海外からも申込みを頂戴しております。詳しくは「遠方・事情等で来院できない方へ」のページをご覧ください。また、ホームページ上にお位牌をアップしてお参りいただけるホームページ水子供養なども実施しております。お子様を想うその御心は必ずや届いていることと存じます。

【遠方の方へ 一言お願い申し上げます】
当院にて懇ろにご供養申し上げております。どうぞご休心下さい。思い出したときには、当院の方角を向いて心の中で合掌祈念下さい。しかしながら、何年、何十年経っても結構です。いつかは必ず一度は東京へ上京され当院へお参り下さい。そして我が子の位牌に手を合わせ、抱きしめてあげて下さい。きっと、きっとそのお心は通じていることでしょう。

▲ 質問相談一覧へ戻る

小さな子供・赤ちゃんがいますが、一緒にお参りに行ってもいいでしょうか?
どうぞお参りください。絵本やおもちゃなども用意してございます。法要にご参列をご希望の場合は個別法要のご予約をおすすめしております。 個別法要はお一組だけの法要となりますので、赤ちゃんがたとえ泣いても大丈夫です。

▲ 質問相談一覧へ戻る

赤ちゃんの遺骨があるのですが?
当院では、次の方法がございます。
1:お骨仏 お骨仏に遺骨を納め供養する方法(3万円)詳しくは、お骨仏のページをご覧ください

2:預骨 お遺骨を一時的にお預かりして供養する(申込時3万円 翌年から再契約年2万円)この場合、お遺骨は合祀する来なくご供養しておりますので、お返しすることが可能です。

その他、横浜の合同墓「ありが塔」 日光の樹木葬「さくらん墓」がございます。

いずれにしても、「火葬証明書」もしくは「埋葬許可書」*火葬場で渡された書類が必要となります。
もし、紛失した場合は、再発行する必要がございます。(5年以内なら火葬場へ、それ以降なら役所へお問い合わせください)
その書類がないと、受付することが法律的にできません。
申込者の身分証明(免許所など) コピーを取らせていただきます。

▲ 質問相談一覧へ戻る