●白木位牌を作りたい

通常、仮位牌として、葬儀時に開眼法要が行われ、49日まで安置されます。

喪主が葬儀時に抱きかかえているのが、この白木位牌です。

最近は、直葬といって、葬儀をされない方も多くなりました。

亡くなった方は、死出の旅路に出て、まだ彷徨っているとの考え方もあり、たとえ一日でもいいから白木位牌を置いてあげたいという声もあります。

49日までの白木位牌ですが、49日時に白木位牌から本位牌への魂がえをするためにも大切だと考えます。

白木位牌の無い方は、当院にて造立しご供養ののちお送りさせていただきますのでご相談ください。

49日までは、魂が迷っているからという故人の供養の面もありますが、49日までは親せきや友人の方々がお参りに来てくださいます。白木がないと手を合わせる事ができないと悩む方もございます。

 ●せめて本位牌を祀りたい

葬儀は行わず、僧侶も呼ばず、戒名も付けず、49日は身内だけで食事会をしたという方もあります。

その時は、何をしたらよいか?さっぱりわからず、無宗教でいいと思っておられた方も、日を追う事に追慕の念が湧き出ると共に、新盆を迎えるにあたってハタと気づく方も多くあります。

まず、位牌がない場合。親類縁者が自宅に来訪されたときに、手を合わせる祈りの対象がないという事です。

お悔やみに見えた方に、骨壺だけ差し出して、どうぞお参りしてくださいと線香を進められて困ったという声も多くあります。

また、仏壇には、本尊が安置されているものなのに、位牌が中心においてあり困惑したという声も。

次に、お盆

お盆の時には、精霊棚をつくり、そこに位牌を安置して、故人を迎えるという行事です。

亡くなった方がこの世に遊びに来てくださる。それを歓び共に楽しむのが「盆踊り」であり、お見送りする行事が「大文字焼き」ですね。

又、お中元・お歳暮といったものは、帰ってくる先祖に供えてくださいと差し上げるものです。(先祖は、年2回 お盆と正月に還るとされています)

お位牌がないのであれば、先祖の還る場所がないのと等しいと考えます。

お位牌だけではなく、遺された遺族の心が集まるものこそ、お位牌であると思います。

 ●夫婦位牌という供養

お父さんが亡くなって、20年ほどしてお母さまが亡くなるといったケースもございます。

その場合、この機会にお父様とお母さまの夫婦で一緒の夫婦位牌にされます。

生前仲良かったご両親の夫婦位牌を造られるのは、何だかほほえましく思えます。

また、仏壇の中に位牌が多くなり、スペース的にも小さくなります。

この機会に、ご両親の戒名を彫っていただき古いお位牌はお焚きあげされるのが良いでしょう。

 ●くりだし位牌という方法

一本のお位牌の中に、5~6枚の板が入っており、前後を入れ替えお参りするお位牌です。

たくさんの先祖がいる場合、合理的なお位牌です。この場合、和尚様に戒名を墨書してもらうと良いでしょう。

 ●過去帳という方法

浄土真宗の場合は、お位牌より過去帳に記載されます。ただ、浄土真宗以外の方も、過去帳を書いておかれることをおすすめします。

日めくりで、故人の戒名を唱え、毎日のご供養が務まる事でしょう。和尚様に書いていただくようお願いしてみてください。

■仏壇をどうするか?仏壇による違い

仏壇は、宗派によって祀り方が違ってきます。仏壇とは、簡単に言うと故人の家ではなく、菩提寺の本堂の出張所という位置づけです。

菩提寺と同じようにお祀りになるのが良いでしょう。菩提寺の無い方は、仏壇店に相談すれば詳しく教えてくれます。

■戒名後の供養について

 ●49日法要

亡くなった日から数えて49日目に法要を行います。親族の都合に合わせ、49日前の土曜日か日曜日に行われるのが一般的です。

四十九日忌は大練忌(だいれんき)とも言い、葬儀に次ぐ大切な法要です。仏教において、故人は死後の旅路で7日ごとに神官の裁きを受けます。

そして7回目の裁判の日である49日目に来世が決定されるのです。その大切な日にこちらの世界にいる親類縁者がお経を唱えて供養することで、

故人はそのお経の功徳を得て、極楽浄土へ渡ることができるとされます。それゆえに日程を延期をすることはおすすめできません。

漫画で学ぶ49日

 ●位牌開眼(魂入れ)

仏つくって魂入れずということわざがあるように、お位牌には、開眼(魂入れ)をしていただきましょう。

ただの板を拝むのと、ちゃんと開眼された位牌を拝むのと大きな違いがあります。

通常は、49日に同時に行われます。

 ●お彼岸の時は

春・秋のお彼岸には、お墓参りをしましょう。

同じお菓子でも、季節によって違う事をご存知でしたか?

おはぎ?牡丹餅?

そうして、ご先祖は祀ってこられたのですね。

 ●お盆の時は

お盆の時は、ご自宅の準備です。

お精霊さんともいい、亡くなった方がこの世にやってくる時です。

東京では、7月にお盆を行いますが、多くの場合は月遅れ盆といって8月に行います。

これは、農業国であった日本の稲作と関係して遅くなったと言われます。

 ●1周忌・3回忌の時は

亡くなって、1年目が1周忌。2年目が3回忌です。これは、日本の神道の考え方からの影響もあります。

亡くなって、1年目に迎えるのが1周忌 仏弟子となって生まれ変わった時が1歳と考え、2年目が3回忌となります。

ですから、2年続けて毎年法要を行うのが一般的です

1周忌は、皆さん悲しみの心が癒えていない状態ですので、この機会に故人の事を話し合ってみては如何でしょうか?

■俗名のままであったので時間は過ぎたが今から戒名を授かることができるか?

戒名の大切さを知らずに、俗名のまま位牌を作っている方もあります。

俗名の位牌は、仏教的に何も意味を持たないと考えます。今からでも戒名を授かりになることをおすすめします。

■すでに授かっている戒名に院号をつけて変更したい

葬儀時に、一般的な戒名を授かったのですが、親戚からは、我が家は代々院号だ!!とか、戒名を変更することは出来ないでしょうか?といった相談も寄せられます。結論からお話しすると「戒名の変更はできます」

正確に言うと、戒名は原則同じですが、院号や道号・位号を追贈するという形でお授けします。

お墓に納骨する場合、先祖代々院号を授かっているのに、親父だけ院号がなくて・・・とお悩みの方もご相談ください。