直葬で戒名がない

まずは、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。速やかに御仏の御もとに導かれ、霊安かれとご冥福をお祈り申し上げます。

今からでも、一つ一つご供養して参りましょう。

戒名をお授けし、白木位牌を作り、ねんごろにご供養申し上げます。

ご質問にございました「無料」でも構いません。お気軽にご相談ください。当院のお布施の考え方を戒名Q&Aでお話ししております。

費用の事より、供養が先です。

 

これからやっておかなければならない事

まずは、戒名を授かり「白木位牌」に魂が宿ります。

死出の旅路にでて、49日に満中 忌明けとなります。

(葬式の時は、「ご霊前」49日以降は「ご仏前」としてお金を包むのも49日で霊から仏に代わる事を意味しています)

49日法要時に、白木位牌から本位牌(黒い位牌)に魂がえされるのが一般的です。

お墓のある方は、49日法要の後、納骨されます。

そしてお盆を迎えます。お位牌を精霊棚に出して、亡くなった霊をお迎えします。

この時にお供えするために送るのが「お中元」

お盆の間は、亡くなった霊と一緒に過ごすと考えられ、「盆踊り」で慰めます

そして、大文字の送り火で、お見送りするのです。

ちなみに「お正月様」として正月にも帰ってくるとされます。

その時に贈るのが「お歳暮」です。

「戒名」と「お位牌」は、出来るだけ早くあった方が良いでしょう。

 

当院で戒名を希望される場合、費用目安は、3万円です。

お布施は、何回でも、いつからでも、いくらずつでも構いません。

どうしてもお困りの方はご相談ください。無料で構いません。

まず、戒名をお授けし、ねんごろにご供養申し上げます。

遠方の場合は、知り合いの僧侶をご紹介することも出来ますので どのような事でも、気軽にご相談ください。

images 白木のお位牌はございますか?

直葬であっても、せめて白木位牌は用意したいものです。

故人は死出の旅路にでて、魂の宿る憑代としてご遺骨の横に安置なさってください。

白木位牌のないという方は、当院で作成し、ご供養ののちお渡し(もしくは郵送)しております。(2万円)

そして、49日の時に、白木位牌から本位牌にかえられるのが通常です。

まずは、ご相談ください。0120-4194-61

49日を過ぎている場合は、白木の位牌は必要ございません。

戒名を授かり、本位牌(32,400円)をつくりお祀りされるとご安心です。

*本位牌は、仏壇店でご購入いただくのですが、当院では一種類のみ扱っております。仏壇店への支払いになりますので消費税がかかり分割は出来ません。

本位牌は祈りの形です。

仏壇は、高価なものですので、購入は後からでも構いませんが、お位牌は棚の上でも安置されることをおすすめします。

そして、ろうそくやお花 お線香を手向けてください。

日々の感謝の祈りの場所になると共に、親戚やご友人がお見えになった時にお参りしていただく事が出来ます。

戒名については、基礎情報(トップ)からご覧ください。